消防訓練サポート


消防訓練とは
一定以上の人員を収容する建物や事務所・店舗などでは、消防訓練(自衛消防訓練)の実施が義務付けられています。もしもの災害に備えて、日頃の訓練はとても大切なものです。
消防訓練は、訓練の目的、建物の規模、用途、構造、収容人員、消防設備など、実際の状況に応じた訓練を行うことが重要です。


消防訓練の概要
訓練の種類
訓練の回数
訓練の内容
特定防火対象物
非特定防火対象物
通報訓練
年1回以上
年1回以上
119番の通報要領、放送設備の使い方などを覚えます。
消火訓練
年2回以上
年1回以上
消火器や屋内消火栓の使い方を覚えたり、実際に使ったりします。
避難訓練
年2回以上
年1回以上
階段などの避難経路を使って安全な場所まで避難したり、避難器具などの使い方を覚えます。

※火災等を想定し、火災の発見から通報・消火・避難までを行う訓練を総合訓練といいます。
※特定防火対象物、非特定防火対象物の確認
  防火対象物一覧(消防法施行令別表第1)

ナショナル消防化学の消防訓練サポートの流れ

 消防訓練計画を立てます。
 訓練の目的、建物の規模、用途、構造、収容人員、消防設備等、実際の状況に応じた訓練を行うため、
 事前に訓練内容を打ち合わせます。
2
 お客様にて「自衛消防訓練通知書」を作成、消防署へ提出します。
 ※記入方法がわからない場合はサポート致します
 消防訓練を実施します。
  ・消火器を使ってみる
  ・非常ベルを鳴らしてみる
  ・避難器具の使い方を確認するなど
 防災業者ならではの、効果的な消防訓練を実施致します。
 ※弊社にて、訓練用消火器を準備いたします
 訓練が終了したら、検討会を開き、次回の訓練等に活かします。

本社・営業所(出張所)

各種点検報告

取扱製品一覧

ECO(エコ)

訓練実施風景

情報BOX

関連会社製品

BLOG(ブログ)

プライバシーポリシー